赤ら顔の人のスキンケア方法!絶対に間違えてはいけない日々のケア

赤ら顔のスキンケ方法ををいろいろ試したのにイマイチ効果が感じられない人、もしかしたらそのスキンケア方法が赤ら顔をさらに悪化させている可能性があるかもしれません。そして赤ら顔になるにはいくつかの原因があり一つではないのです。では早速、自分に合った症状を見極め改善方法を見ていきましょう。

 

まずは赤ら顔の原因を知る


赤ら顔には緊張やストレスなどが原因で起こる赤ら顔と肌トラブルから起こる赤ら顔があります。赤ら顔でお悩みの人はどのタイプですか?緊張やストレスで起こる場合は時間がたてば収まることが多いのですが、肌トラブルからなる赤ら顔は常に皮膚が赤く見えてしまいメイクで隠すのも難しい場合もあります。また日々のスキンケアで赤ら顔になることもあります。

 

皮膚トラブルによる赤ら顔

  • 薄い皮膚により毛細血管が浮き出る
  • ニキビによる炎症
  • 乾燥肌や敏感肌による肌のかぶれ
  • 脂漏性皮膚炎

肌トラブルによる赤ら顔で悩んでいる人は自分の肌トラブルに合ったケアを取り入れる事で赤ら顔の改善に繋がります。

 

顔の皮膚が薄い

もともと顔や首の皮膚は体の他の部位に比べて薄くできています。生まれつき他の人より顔の皮膚が薄い人もいるので肌トラブルがないのに赤ら顔の方は薄い皮膚から毛細血管が透けて見えるためかもしれません。しかし日々のスキンケアで皮膚が薄くなって赤ら顔になる人もいます。ピーリング剤や肌に摩擦を与え続けている人は要注意です。

 

ニキビによる炎症

ニキビが原因の赤ら顔はニキビによる炎症が毛細血管を拡張させるので赤く見えます。また何度も炎症を繰り返すことにより皮膚に赤色の色素沈着を起こすため赤ら顔になります。

 

乾燥肌や敏感肌

乾燥肌や敏感肌の人は肌機能が低下し肌にトラブルが起こりやすくなります。かぶれなどのトラブルにより肌に炎症が起こり赤ら顔になってしまします。

 

脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎は皮脂が過剰に分泌され起こります。過剰に分泌された皮脂が酸化し皮膚にいる常在菌が反応することにより肌に炎症が起き赤ら顔になります。

皮膚トラブルの場合、かぶれや炎症が原因なのでなるべく炎症を悪化させる行為に注意して下さい。また肌を強く擦ったりピーリング剤を頻繁に使用することで肌機能がさらに低下し、肌を削り取る様な行為は肌を薄くしトラブルが起きやすくなります。赤ら顔の改善に取り組む場合まず日々のスキンケアの方法を改めて見直して下さい。

 

毎日のスキンケア方法

 

クレンジング

日々の化粧や汚れを落とす上でクレンジングはとても大事です。しかしすでに肌トラブルによる赤ら顔の人は洗浄力の高いクレンジングを使用する事で肌のバリアが破壊されるため、さらにトラブルに繋がったり炎症がひどくなる可能性があります。もしトラブルがすでにある場合はなるべく低刺激のクレンジングを使用します。

そしてクレンジングを使用する際に最も気を付けて欲しいのはお肌を擦らない事。肌を擦らず優しくケアをしてください。トラブルのある肌に刺激を与える事でさらに、かぶれや炎症がひどくなり逆効果になります。

洗顔

洗顔はクレンジング同様にトラブルのある方は低刺激をお勧めします。ニキビや皮脂により肌がべたつくのが気になる人はどうしても洗浄力の強い洗顔料でさっぱりさせたくなりますが、さらに皮脂を取りすぎる事が刺激になる場合もあります。また、洗顔の仕方は濃密な泡をクッション代わりにし直接肌に手が触れない様に洗顔してください

マッサージやピーリングも行う際は注意してやりすぎない様に気を付けてください。ピーリングもぽろぽろと角質が取れる事でさっぱりしますが赤ら顔の人が使用するなら使用頻度を少なくして使って下さい。肌を強く擦ったり、ピーリングを続けることにより角質層が削り取られ皮膚が薄くなり顔の赤みもひどくなる場合もあるので注意しましょう

化粧水

赤ら顔にはどんな化粧水がいいのでしょうか?選ぶ際にはたくさん種類がありすぎて悩みますよね。まず一番は保湿を心がけてください。保湿をすることで肌のターンオーバーが正常化しこれまで刺激を与えすぎて薄くなった肌が改善し肌が強くなることでトラブルが減ります。そして出来る限りアルコールフリーで無添加の商品をお勧めします。

アルコール成分は肌に刺激を与えるので炎症がある場合は肌トラブルを悪化させる場合があります。自分の肌質を見極め肌トラブルに合った有効成分が入ってるものを使用するのもいいと思います。

ビタミンC誘導体配合

ビタミンC誘導体はニキビによる皮膚の炎症や赤みを抑える効果があります。また過剰な皮脂をコントロールする働きや毛穴を引き締める効果もあるので赤ら顔改善に期待できるでしょう。ただ乾燥肌や敏感肌の人はビタミンC誘導体は刺激が強いため赤ら顔を悪化させる恐れがあるので注意してください。

セラミド配合化粧水

セラミドは角質層で肌の水分を保持するのにとても重要な成分です。そして乾燥肌や敏感肌の人はこのセラミドが肌に不足している可能性があります。セラミドを化粧水で補う事で肌の水分保持力も高まりバリア機能も回復してきます。

ビタミンK配合化粧水

ビタミンKは血管の状態を正常に保ち血液の流れをスムーズにする効果があります。血流が正常になることで血管が拡張しにくくなるので赤ら顔には効果的と言われています。ただ刺激も強いので使用の際は注意してください。

スキンケア用品もそれぞれの症状に合うものを選び、成分なども確認しながら選択することをお勧めします。化粧水をつける際は、手のひらで丁寧に押さえる様に馴染ませてください。間違ってもタッピングをしたりコットンを使用するのは肌への刺激になるので控えましょう。またスキンケア以外でも肌トラブル改善のため、良質な睡眠やバランスの取れた食事を心がる事で、肌が正常化し赤ら顔に負けない素肌にを作りましょう。

 

日々のスキンケアはどのようにしていましたか?肌を強く擦ったり、ピーリング剤を頻繁に使用していた。肌にいいと信じて刺激の強い洗顔料や化粧水を使用していませんでしたか?赤ら顔の人はとにかく刺激を与えず肌を優しく労わってあげてください。そして自分の肌の状態を知りぜひ今日から出来る事を初めて行って下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です