赤ら顔は病気?皮膚科通院と治療内容

辛い悩み「赤ら顔」…体調が悪いわけでもないのに頬が赤い「赤ら顔」の悩みはとても辛いものです。熱があるように見える、酔っているように見えるなど、周囲からの目が気になってしまいますよね。ファンデーションで隠そうとしてもただ厚塗りになってしまい、むしろ肌に負担をかけることでかさつきなどの肌荒れも現れたりして悪循環になってしまうことも多いのでは?

この赤ら顔というのはただの一時的な症状なのでしょうか?赤ら顔は病院や皮膚科で治るのか?皮膚の病気なのでしょうか?病気だとしたら、皮膚科で治療できるものなのでしょうか?辛い症状の赤ら顔を治す方法はあるのか調べてみます。皮膚科で受診するべきなのでしょうか?それとも化粧品などで改善できるのでしょうか?調べてみました。

 

赤ら顔は病気?皮膚科での治療

長時間続く赤ら顔で疑われる皮膚の病気には、アトピー、ニキビ、酒さ、肝疾患などが挙げられるそうです。中でも近年「酒さ(しゅさ)」という皮膚疾患が注目されているとのこと。赤ら顔、ほてり、ピリピリ感、毛細血管の拡張などが持続するのが特徴で、紫外線、温度差、飲酒、刺激物の摂取により悪化します。悪化した場合、ニキビのような発疹が現れたり、鼻が赤くはれて鼻瘤(団子鼻)が見られるようになります。

酒さの原因ははっきりとは分かっておらず、・皮膚表面の毛包中感染・胃のピロリ菌感染が原因・末梢血管の拡張が起こりやすくなっている・慢性的な化粧品かぶれなどの原因が考えられます。

酒さ様皮膚炎という病気もあり、こちらはステロイドの使用を中止することで改善することが多いようですが、酒さの場合はスキンケアだけでは改善はなかなか難しいようです。抗生剤の内服や外用薬での治療になります。保険適用外ですが、レーザー治療などが必要になる場合もあります。長期に渡って赤ら顔が治らない場合は、一度皮膚科を受診してみるのがいいかもしれません。

化粧品での改善はできる?

赤ら顔専用の化粧品も販売されています。

・ULUシェイクモイストミルク


肌のバリア機能の低下から、毛細血管が肌への外的刺激に過剰に反応し、毛細血管が広がることから起こる赤みに着目し、セラミドをふんだんに配合したオールインワン美容エッセンスです。古くから創傷治療に使われ、赤みを抑える用途に使われてきたアンボラエキスも配合。公式サイトからだと、WEB限定のキャンペーンとしてお試し価格20%オフ、送料無料で購入できます。

ULUシェイクモイストミルクをお得に購入できる公式サイトはこちら>>>

 

・しろ彩


こちらも、毛細血管の広がりに着目した基礎化粧品です。皮膚が薄い、敏感肌、皮脂分泌が多い肌タイプの方にお勧めしています。和漢植物エキス、高浸透型ビタミンC誘導体、セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン配合。高い浸透力も謳っています。定期購入なら30日間返金保証つき。

白彩をお得に購入できる公式サイトはこちら>>>

 

・ピオリナ


こちらも毛細血管の拡張に着目した基礎化粧品で、赤ら顔専用化粧水です。ナタネニンジン根エキスで血液環境を正常に、バリア機能を向上させるためのセラミドとヒアルロン酸、ビタミンCでトーンアップ等を期待できる化粧水です。公式サイトから、定期コース初回限定72%オフ定期最低購入回数制限の縛りナシで購入できます。

いずれも、毛細血管の拡張に着目した効果の化粧品ですので、原因がそこにあるのなら効果を期待できるはずですね。もちろん敏感肌に優しい処方になっていますが、赤ら顔の悩みを抱えている方は多くの人が色々なタイプの敏感肌だと思われます。パッチテストはした方がいいでしょう。今使っている化粧品が合わなくて赤ら顔になってしまっている可能性を考えると、こういった専用化粧品にまずは切り替えて様子を見るのも有効かもしれません。

ピオリナをお得に購入できる公式サイトはこちら>>>

 

キレイになろう!

結論として、赤ら顔は原因によっては化粧品でも改善できるかもしれませんが、もしかしたら化粧品で改善は難しい皮膚疾患の場合もあります。放置して深刻な症状に発展してしまう可能性がゼロではありません。個人的な意見としては、痛みやほてり、腫れがある場合はすぐに皮膚科を受診したほうがいいように思います。

症状が軽い場合や、皮膚科のお薬を使う場合も、合わせて赤ら顔専用の化粧品を上手に取り入れていけると良さそうですね。一日も早く、赤ら顔の悩みを持つ方がキレイなお肌を取り戻せることを願っております。

ULUシェイクモイストをお得に購入できる公式サイトはこちら>>>

白彩をお得に購入できる公式サイトはこちら>>>

ピオリナをお得に購入できる公式サイトはこちら>>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です